【ヤクルト】手術のバレンティン、開幕スタメンの条件は守備も走塁面も全力

ヤクルトの真中監督がバレンティンとの「個人面談」で状態を見極める。

 10月に左アキレス腱を手術した主砲について「3月のオープン戦くらいで合流できれば」としているが、回復具合は未知数。そこで「来日したら一回話はする。守備、走塁も意識を持って取り組んでもらう」と話した。今季は痛みをこらえての出場で緩慢な守備も見られただけに、「フライングはしない」。全力でできなければ、開幕戦となる3月27日の広島戦(マツダ)の出場を見送る考えも示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000068-spnannex-base






下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2014 (o∀n)

また怪我しても困るから


まとめでおん :2014 (o∀n)

最悪、開幕は間に合わなくても


まとめでおん :2014 (o∀n)

無理せず起用していかないと


まとめでおん :2014 (o∀n)

小川前監督はバレンティンをうまくコントロールしてたが、
真中監督もコントロールうまくしないとね


まとめでおん :2014 (o∀n)

1度万全でフルシーズン戦ったバレンティンの数字を見てみたい


まとめでおん :2014 (o∀n)

バレンティン間に合わなかったからミレッジかな


まとめでおん :2014 (o∀n)

今年、シーズン終わる前に手術の為に早めに帰国したし、大丈夫なら良いが・・・


まとめでおん :2014 (o∀n)

打つのは大丈夫そうだけど、守備の見極めだなあ

関連記事

0 Comments

Add your comment