2019年3月に東京ドームで迎えた最後の試合のあと。 観客はスタンドから立ち去ろうとせず、それぞれの思いでイチローへの感謝を伝えていた。イチローはグラウンドをゆっくりと一周し、両手を掲げてそれに応え、ファンと気持ちが通じ合っていたのだ。 スポーツ選手がTwitterなどSNSで自らの考えをどんどん発信できる時代だ。だが、イチローは積極的にSNSを使って自分から発信してきたわけでなかった。 どうやってファンに対して「自分」を表現してきたのか。ハフポスト日本版が単独インタビューを行った。 (取材・文:竹下隆一郎・浜田理央、撮影:渋谷純一)

2 :まとめでおん 2020/06/19(金) 10:48:53.78 ID:Cq+2Cc570.net
そんなヒマ無いから
1 :まとめでおん 2020/06/19(金) 10:47:14.34 ID:CAP_USER9.net
イチローの「寡黙な選手」という印象は、メディアの一面的な見方だったのかもしれない。

2019年3月に東京ドームで迎えた最後の試合のあと。 観客はスタンドから立ち去ろうとせず、それぞれの思いでイチローへの感謝を伝えていた。イチローはグラウンドをゆっくりと一周し、両手を掲げてそれに応え、ファンと気持ちが通じ合っていたのだ。 スポーツ選手がTwitterなどSNSで自らの考えをどんどん発信できる時代だ。だが、イチローは積極的にSNSを使って自分から発信してきたわけでなかった。 どうやってファンに対して「自分」を表現してきたのか。ハフポスト日本版が単独インタビューを行った。 (取材・文:竹下隆一郎・浜田理央、撮影:渋谷純一)

「あの選手は違う」と思ってもらえるように

アメリカを拠点とするイチローは、メジャーリーグに渡った2001年以降、日本にいるファンに対して間近でプレーを見せ続ける機会は減った。 インターネットなどを通して日本のファンは活躍や野球に対する思いを知ることができたが、最近のプロスポーツ選手のように、積極的にSNSを使って自分から発信してきたわけではない。それでもイチローには人の心を惹きつける「何か」があったのだ。 「だからこそ、昨年3月21日(東京ドームでの)あの瞬間が生まれたような気もするんです」と振り返る。 「さすがに僕も感情的になりましたが、何とかこらえました。たくさんの方が涙を流しながら声を掛けてくれている姿が見えたので、ここで僕が涙を見せては絶対にいけないなと」

イチローはプレーや立ち振る舞いを通してファンに対して表現をしていた。球場に足を運ぶ人に「あの選手は違う」と感じてもらうことを意識してきた、とインタビュー中にも語った。 球場を訪れた人がグラウンドを見渡した時、「選手の集団の中でもすぐにイチローを見分けることができる」と言われるのが喜びの1つだったという。 「それは、僕が目指してきたことでもあったので、そんな風に感じてもらえたなら、とても嬉しいんです。『あの選手ちょっと面白いな』と、野球を知らない人に感じてもらうのも目標の1つでした」 「僕は、守備の時もじっとしている時間が少ない。いつもストレッチなどをしているイメージを持っている方もいると思います。もちろんパフォーマンスと連動することが前提ですが、 人がしていないことをやれば、それは個性にも繋がる。そんなところも大切にしていました」

「今、何を思っているんだろう」

「野球選手としての表現」について話を続けていると、イチローはこんなことを口にした。 「結果がすべて、と言われる勝負の世界では、自身のことを伝えるときに、自ら発信するとなかなか伝わらないという側面がある。もちろん現代ではデマも多く、火のないところに煙を立たすことができてしまうので、それを抑止するツールを持っておく必要はあります。理想は、客観的視点を持った第三者に伝えてもらうことです」 「しかし、話を聞く側の解釈が違ったり、ストーリーがすでに決まっていてそこに誘導したりしようとすることもあるのが難しいところ。なれ合いではなく、お互い批判し合える緊張感のある、本当の意味での良い関係を築くのは簡単ではありません。その上で現役中は『聞かれれば答える』のスタンスを大事にしてきました」 これまでは、スポーツ選手の言葉を伝えるのは新聞、テレビ、雑誌などのメディアに限られていた。ただ、スポーツ選手の発言が正確に伝わらないこともあり、現在は自分のTwitterやYouTubeのアカウントを開設して、思いを直接ファンに伝える選手も少なくない。
イチローにみんなが聞きたいことは山ほどある。 それでもイチローは、自分で発信するよりも、「第三者」を通してメッセージを伝えてきた。その方がより長く、深く伝わっていくと考えているからだという。 「聞かれてもいないことを自分から発信すると、瞬間的には伝わるかもしれないけど、心にまで響かない。興味深い点ですが、これが第三者をはさんで伝わると、まったく違うんです」 「『イチローは今、何を思っているんだろう』と考えてもらう状態を作りたい。そのとき抱いている感情をその都度表現してしまうと、受け取る側の興味が、薄くなっていってしまう。ある程度、見る側に委ねる。そして答えは後に明かす。その距離感を保ちながら、ずっとやってきました」

https://news.yahoo.co.jp/articles/18b2ff8351465601aae62492129f0dd9ae74ec59

https://news.yahoo.co.jp/articles/18b2ff8351465601aae62492129f0dd9ae74ec59?page=2

ソースから一部引用しました
3 :まとめでおん 2020/06/19(金) 10:50:23.29 ID:oJ+5ttwf0.net
 


最初の下りとその後が真逆
 
 
4 :まとめでおん 2020/06/19(金) 10:50:57.57 ID:C7rszIQv0.net
コミュ障を屁理屈で誤魔化す奴って多いよな
5 :まとめでおん 2020/06/19(金) 10:51:54.59 ID:r2bIxF030.net
金にもならないことはしない by イチロー
6 :まとめでおん 2020/06/19(金) 10:56:00.20 ID:ToZYeaFd0.net
スポーツバカはやらなくていい
7 :まとめでおん 2020/06/19(金) 11:04:40.29 ID:Vb76pvZu0.net
読んだけど何を言ってるのかわからない
8 :まとめでおん 2020/06/19(金) 11:14:09.73 ID:TjLrKBqJ0.net
イチロー
10 :まとめでおん
SNS中毒のどっかのイラン人ピッチャーにこれ教えてやらなきゃなw
どんな話題でも時差のあるはずのアメリカからでも即反応する男にw
11 :まとめでおん 2020/06/21(日) 01:49:29.69 ID:ecee0Eqp0.net
ダルのようなツイート芸人になられてもな
関連記事
  • 【画像】黒人が白人を追い出した国の末路がこちらwwwwwwwwwwww、wwww
  • なお、若い頃

0 Comments

Add your comment