【西武】菊池雄星、開幕星「辻新監督へ絶対にウイニングボールを」の誓い果たす

西武は開幕投手の先発・菊池が7回4安打1失点と好投し、今季1勝目を挙げた。昨年は守備にミスが目立ったが、この日は中継プレーや鋭い打球への反応など、辻新監督の指導による変革が顕著に表れた。

 打線は二回1死二、三塁から木村文の遊ゴロ野選の間に先制。1点差の六回には中村の左中間適時二塁打などでこの回4点を挙げた。

 日本ハムは先発・有原が5回2/3を6安打6失点と崩れ、1敗目を喫した。大谷は「3番・DH」で先発し、4打数2安打2三振だった。

 最後の打球を捕った秋山から受け取ったウイニングボールを菊池は迷わず辻新監督に手渡した。「ホッとしてます。チームが勝てばいい。1イニングでも長く1点でも少なくと思って投げた。野手の方のファインプレーに助けられ感謝してます。辻監督の初めての試合なので絶対にウイニングボールをと思っていた。これからも多くの勝ち星を監督にプレゼントしたい。3年連続Bクラスだが、今年はAクラスと優勝を目指します」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000141-dal-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

ナイスピッチング


まとめでおん :2017 (o∀n)

有言実行素晴らしい


まとめでおん :2017 (o∀n)

安定感あった


まとめでおん :2017 (o∀n)

西武は守備と走塁が去年と全然違う。見ていてすごい気持ちが良かった。


まとめでおん :2017 (o∀n)

エースとして良いスタートきれたね


まとめでおん :2017 (o∀n)

後は怪我せずに1年間ローテ守ってほしい


まとめでおん :2017 (o∀n)

チームとしても雄星としても幸先が良い

関連記事

0 Comments

Add your comment