【DeNA】守護神争い激化、パットン&山崎康晃が好投 ラミレス監督「ギリギリまで考える」

DeNAのストッパー候補、スペンサー・パットン、山崎康晃両投手が、そろい踏みで好投した。

 七回に登板した新外国人右腕のパットンは、キレのある直球と変化球を駆使して打者3人でピシャリ。九回にマウンドに上がった山崎康も、最後の打者・江川を149キロ直球で空振り三振に仕留めるなど三者凡退。ラミレス監督は「(八回に登板した)三上も含めて3人は非常に好調だと思います」と目を細めた。

 パットンはオープン戦5試合の登板で、山崎康は4試合の登板で、いずれも防御率0・00。指揮官は、春季キャンプ終了時に抑えを決める時期について「開幕戦の30分前」と予告。この日の試合後には、改めて「ギリギリまで考えると思う。(今後のオープン戦の)何試合かを見てから最後に決める」との方針を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000102-dal-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

嬉しい悩み


まとめでおん :2017 (o∀n)

8回パットン
9回ヤスアキで良いんじゃない。


まとめでおん :2017 (o∀n)

どちらかが調子落としてもどちらかが居るというのは大きい


まとめでおん :2017 (o∀n)

問題はあと先発だよね


まとめでおん :2017 (o∀n)

同レベルの成績ならファンの盛り上がりからも日本での実績からもヤスアキでいいだろ。
まぁ実際悩んでるって言うのは競わせて来たパットンにも配慮してのことだろうけど。


まとめでおん :2017 (o∀n)

何にせよ、去年より確実に後ろは安定する。


まとめでおん :2017 (o∀n)

この2人もそうだけど高崎が意外とやれてるのが後々効いてきそう

関連記事

0 Comments

Add your comment