【巨人】岡本和真、26打席ぶり安打も守備でミス「申し訳ない」

巨人岡本和真内野手(20)は26打席ぶりの安打にも笑顔はなかった。

 7番左翼で出場し、5回の第2打席で右前打を放つなど2安打をマークした。だが6回2死三塁で西武栗山が放った打球の判断を誤り、決勝の適時二塁打とした。失策は記録されなかったが、高橋監督は「あれぐらいは捕らないといけないと思うけど(外野挑戦を)始めたばかりなので、やらせているこちらと両方の責任」と話したが、岡本は「パッと前に出てしまった。ピッチャーに申し訳ない。開幕も近づいているし、試合に出させてもらっている以上、なくしていかないといけない」と表情を引き締めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-01794743-nksports-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

まだまだって感じかな…


まとめでおん :2017 (o∀n)

今年もう1年2軍で鍛えてってところだと思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

慣れない守備が打撃にも影響出てるのかな


まとめでおん :2017 (o∀n)

外野守備は初めたばかりだし、1軍で出番増やすために2軍で守備鍛えるしかない


まとめでおん :2017 (o∀n)

去年、今年とオープン戦でチャンスは貰ってはいるがなかなか結果に結びつかないね


まとめでおん :2017 (o∀n)

岡本に関してはまだ仕方ないと思える だけど早く1軍の戦力にもなってほしい


まとめでおん :2017 (o∀n)

若手をレギュラークラスにするのは本当に大変

関連記事

0 Comments

Add your comment