【西武】高橋光成、復活快投の裏にベテラン上本達之の助言

 ベテラン捕手の助言で、将来のエース候補が復調のきっかけをつかんだ。西武高橋光成投手(20)は試合後、辻監督から「今日は自己評価、何点だ?」と聞かれ「75点です」と即答した。「今日はだいぶ点数を上げました。キャンプから毎回聞かれていて、30点とか40点とかと答えていたので」。指揮官も「そうか、いいぞいいぞ」と笑顔で応じた。

辻監督はそんなピッチングを受け、監督室へ引き揚げる道すがら「今日のMVPは上本だな」とつぶやいた。この日は控えだった上本だが、事前にブルペンで投球練習を受けた際の印象を踏まえて、高橋光に的確なアドバイスを送っていたのだという。

 上本に確認すると「こないだ1人になった時に、光成のことでふと思いつくことがあったんです」と明かした。ブルペンで球を受けた時に、ストレートの球威が本調子とは程遠いと感じた。その日の夜、眠りにつく直前にふと「なんでやろ、あんなにフォークのキレはええのにな」と考えた。

 フォークの腕の振りはいい。なぜか。「狙ってないからちゃうかなと。フォークは高めにさえ浮かなければ、細かいコントロールはなくても空振りを取れる。だから思い切って腕が振れるんかなと」。ならば、同じように細かい制球を気にしなければ、ストレートも腕を振って投げられるはず。そういう仮説を立てた。

 翌日。球場の浴場で高橋光を見かけた。いつも一緒になるわけではない。上本は声をかけた。「なあコウナ。オレ思うんやけど」。フォークと同じように、ホームプレート上ならどこでもいいという気持ちで、思い切って腕を振ってみてはどうか。それが言うほど簡単じゃないと承知しながらも、思うところを伝えた。

全文はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794280-nksports-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

押し込めるストレートがあるなら今は押し込んだ方が良い。年齢がいってからでは出来ない事だし!


まとめでおん :2017 (o∀n)

光成に結果が出て良かった


まとめでおん :2017 (o∀n)

今年は1年目後半のような活躍があるかも


まとめでおん :2017 (o∀n)

上本は将来良いコーチになりそう


まとめでおん :2017 (o∀n)

球速表示以上に早く感じた


まとめでおん :2017 (o∀n)

去年負け続け自信を失った光成には、まず成功体験をして自信を付けて欲しいね


まとめでおん :2017 (o∀n)

こういったところが長く現役として必要とされる所以なんだろうな。
普段なかなか表に出ない面にスポットが当たったいい記事だと思います。

関連記事

0 Comments

Add your comment