【阪神】キャンベル、本格的なキャッチボールを再開「左手首は問題ないよ。大丈夫」

阪神の新外国人、エリック・キャンベル内野手(29)=前メッツ=が18日、鳴尾浜の残留練習に参加し、約70㍍の距離で本格的なキャッチボールを再開した。

 キャンプ中の2月27日に行われた紅白戦で左手首を痛めて「左手首腱鞘炎」と診断され、その後は本来、球を受ける左手は捕球に使わず、右腕だけで遠投をしていた。

 着々と状態をあげている背番号29は「左手首は問題ないよ。大丈夫」と明るい表情で話した。19日にもノックを再開する予定だ。

 3月31日の開幕広島戦(マツダ)に間に合うかは不透明だが、金本阪神を支えるために完全復活へ全力を尽くしていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000528-sanspo-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

真面目は真面目なんだけどね・・・


まとめでおん :2017 (o∀n)

活躍してくれたら儲けもの


まとめでおん :2017 (o∀n)

中谷も大山も糸原もいるし、最低.300 15本打てないと


まとめでおん :2017 (o∀n)

チームに貢献できるかが問題だ


まとめでおん :2017 (o∀n)

今さらだが、ヘイグは残しておいてよかったと思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

開幕間に合うかよりもシーズン終了までいるかな


まとめでおん :2017 (o∀n)

ノーモア、コンラッド

関連記事

0 Comments

Add your comment