【阪神】能見篤史、新人長坂を好リード「これからだと」

 阪神能見篤史投手(37)が開幕に向けて揺るぎない調整ぶりだ。

 1回を3者凡退でしのぐと、2回も圧巻の内容だ。マギーに内角へズバッと速球を配して見逃し三振。岡本、ギャレットと長打力のある相手も速球で難なく封じ込めた。3回に失策絡みで1点を失ったが、4回1失点。安定の好内容を「この時期なので、とにかくケガしないように投げるということです。いい意味で普通。これからどんどん上げていくだけ」と振り返った。

 新人長坂と初めてコンビを組んだ。「意外に緊張もしない、と言っていたし、これからだと思う。いい球を選択しながらやっていたと思うよ」。ベテランらしい“好リード”だった。次回の登板は5イニング以上を投げる予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-01791265-nksports-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

捕手を育てるのはベテラン投手


まとめでおん :2017 (o∀n)

まだ早いけど、能見さんは良い指導者になるわきっと。


まとめでおん :2017 (o∀n)

能見さんまた活躍しそう


まとめでおん :2017 (o∀n)

能見のピッチングは勉強になると思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

能見さん自身もしっかり結果残してるのは素晴らしい


まとめでおん :2017 (o∀n)

原口ファースト専念、坂本怪我だから捕手陣はチャンスと思うわないとな


まとめでおん :2017 (o∀n)

長坂を実戦で鍛えながら育てる、というのもひとつの方法だわな

関連記事

0 Comments

Add your comment