【楽天】青森で悲願の公式戦、立花球団社長が弘前市役所を訪問

楽天立花陽三社長(46)が27日、青森・弘前市役所で葛西憲之市長(70)を表敬訪問を行った。

 6月28日に青森県内では29年ぶりの1軍公式戦となるオリックス戦(はるか夢球場)のPR。対面を終えるとかみしめた。「ワクワクしています。6県で開催できる初の年。東北楽天と名乗らせてもらえる元年かなと思う」と話した。宮城、福島、山形、岩手、秋田での1軍開催は行われていたが、青森では球団史上初。東北6県に根ざす球団としての悲願だった。

 現在、会場のはるか夢球場は6月上旬の完成に向けて改修真っ盛り。6700人収容から1万4800人収容となる。葛西市長は「弘前を野球の聖地にしていきたい」と話すように、約28億円かけてボールパーク化を進める。「球場へのアクセスで、歩いて向かうのがどれだけ楽しいか。ワクワク、ドキドキするようなそういう球場になる」と1軍戦に向けて意気込む。相乗効果も生まれており、これまで青森市内で行われていた高校野球青森決勝は同球場で開催。6月17日からはこけら落としとしてソフトボール東アジア杯も行われる。

 立花社長は「初戦が大事。何とか勝ちたい。(6月28日は)前半戦でも非常に重要な試合になってくる。細川が出て大活躍をしてくれたら。いいイメージはできています」と今季加入した青森出身の細川の名前を出し、必勝を誓うなど青森の野球熱をさらに高めたいと意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-01785021-nksports-base


ことりっぷ 弘前 津軽・白神山地 (旅行ガイド)

昭文社
売り上げランキング: 231,671


下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

細川も獲得したし、青森で試合も出来るしで今年青森の人は楽しみだろうね


まとめでおん :2017 (o∀n)

30億近く改修にかけてくれるなんて正直球団冥利に尽きるだろうね


まとめでおん :2017 (o∀n)

1軍で開催出来る規模の球場が出来たことは今後の継続開催に期待出来そう


まとめでおん :2017 (o∀n)

日本ハムの北海道内での地方開催が大変という話もあるけど楽天の東北というくくりでの地方開催も広くて大変だからね
そんな中でこうして青森で開催出来てなによりだ


まとめでおん :2017 (o∀n)

観客席一気に倍増するって凄い


まとめでおん :2017 (o∀n)

地方開催って大事なこと
普段こられない人達のためにも


まとめでおん :2017 (o∀n)

去年ファームの試合でも4000人以上お客さん来てたし、1軍公式戦楽しみだ

関連記事

0 Comments

Add your comment