【中日】岩瀬仁紀、シート打撃で三振ショー 大島・堂上らキリキリ舞い

今季に野球生命をかけて臨む中日・岩瀬仁紀投手(42)が17日、沖縄・北谷球場でシート打撃に初めて登板し、打者4人に3奪三振。すべて空振りだった。「変化球はイメージ通りに投げられた。空振りが取れたのは大きな収穫」と手応えを口にした左腕。大島を習得中の小さく曲がるスライダー、藤井はワンバウンドの変化球を振らせた。平田には左翼線へ運ばれたが、堂上も落差のある変化球でバットの空を切らせた。

 日本球界トップの通算402セーブを挙げて居る左腕だが、2015年は1軍登板はなし。昨年も15試合に登板して0セーブだった。復活を目指す男が最高のスタートをきった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000530-sanspo-base

昨年の岩瀬



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

ストッパーはともかく左のリリーフとしてはまだまだいけそう


まとめでおん :2017 (o∀n)

本当に復活ありそうで嬉しい


まとめでおん :2017 (o∀n)

今年復活なら本当に鉄人だ


まとめでおん :2017 (o∀n)

本人が納得するまで現役で頑張って欲しい


まとめでおん :2017 (o∀n)

大島からの三振は意義がある


まとめでおん :2017 (o∀n)

普通に岩瀬が使えるとリリーフの台所事情が安定する


まとめでおん :2017 (o∀n)

やはり、岩瀬と浅尾の復活は見てみたい

関連記事

0 Comments

Add your comment