【巨人】菅野智之、キャンプ地にWBCマウンド完成

世界仕様でキャンプ地宮崎に乗り込む。巨人菅野智之投手(27)が26日、WBCを見据えてキャンプ中の準備を重要視した。2月11、12日の紅白戦に登板なら公式球を実戦初使用する意向を明かし、練習時には宮崎のブルペンに設置された「WBC仕様マウンド」で感覚を養っていく。微に入り細をうがつ備えで世界と戦う切れ味を高める。

 宮崎で積み重ねる一挙手一投足を全て世界一への土台とする。侍・菅野が3月決戦への覚悟を携えた。

 菅野 僕は先発という役割を任せていただいた。全員が役割を果たせば、いい結果になる。選ばれたメンバーで力を合わせたい。

 メジャーで活躍する投手の参戦はかなわなかった。小久保代表監督の「先発陣の中心に」という期待は承知している。役割を全うするために、今後1カ月半で行う準備を重要視する。

 宮崎では、即座にWBCモードへと入れる環境が整っている。キャンプ地のKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園内のブルペンの一角には、本番に近い硬さの「WBCマウンド」が完成した。米国内の大半の球場が使用する粘土質の土を使用。13年の前回大会キャンプ前は通常の土のまま塩化カルシウムの配分を上げ、工事用ローラーで固めていた。土から作り替えた今回は、さらに本番に近い環境が整った。菅野は「硬いマウンドでは今までと違うところが張ったり、弊害が出ると思う。実際に投げて対策を練りたい」と工夫を凝らしていく。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-01770599-nksports-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

巨人から投手は菅野しか選ばれてないから本当に菅野専用マウンドだね


まとめでおん :2017 (o∀n)

決勝ラウンドに行くまでは日本だけど慣れておいて損はないか


まとめでおん :2017 (o∀n)

WBCの菅野が楽しみだ


まとめでおん :2017 (o∀n)

侍ジャパンでは援護がありますように


まとめでおん :2017 (o∀n)

大谷は打者での起用が全くないわけではないし、先発の軸なのは間違いない


まとめでおん :2017 (o∀n)

ドジャースタジアムは特に硬いらしいからねえ


まとめでおん :2017 (o∀n)

去年、そういえば足にマメ作ってたしマウンドは重要だね

関連記事

0 Comments

Add your comment