【ヤクルト】ドラフト1位・寺島成輝、自分の武器は「全体的にそこそこ。それが自分の武器」

ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝投手(18)=履正社高=が11日、都内のホテルでNPB新人選手研修会に出席した。

 昨季限りで現役を引退した元DeNA・三浦大輔氏(43)の講義の中では「みなさんは、何か武器があるからプロに入ることができた。何があっても、自分の武器を見失わないように」という言葉があった。

 この日の研修終了後、自らの武器について聞かれた寺島は「特徴的な武器がないのが特徴。全体的にそこそこ。それが自分の武器です」と言い切った。

 最速150キロの直球に、スライダーやチェンジアップなどの変化球、同じ直球でもスピードに強弱をつけられるクレバーな投球術など、どれを取っても超高校級の左腕。ただ、おごることなく、18歳にして自分のことを客観的に見られる冷静さが、背番号18の最大の武器かもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000150-sph-base




下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

高いレベルでのバランスの良さ


まとめでおん :2017 (o∀n)

高校生とは思えない落ち着きがある


まとめでおん :2017 (o∀n)

自分の武器がわかってるのは強みだ


まとめでおん :2017 (o∀n)

記事読むと本当は色々と武器があるし楽しみだね


まとめでおん :2017 (o∀n)

ただプロに入って苦労したとしたらどれかを伸ばした方が良いのかもしれないけども
まあ現時点ではこのまま成長していけば大丈夫だろう


まとめでおん :2017 (o∀n)

投手はこのくらい強気な方が成功すると思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

背番号18に相応しいエースに成長してくれそう

関連記事

0 Comments

Add your comment