【楽天】独身選手が寮を出たがらない理由は

 各球団によって規則は異なるが、どこでも少なからず、入団から一定の年数は寮生活が義務づけられている。楽天の場合は、原則として高卒が4年間、大卒が2年間、社会人出身が1年間。寮での暮らしは集団生活であり、夜は必ず門限もある。かつては、自由を求め、1年でも早く寮から“卒業”することを望む選手が数多かったが、球団関係者は「昔のプロ野球は早く寮を出たいというのが多かったと思いますが、今は逆に、あまり出たがらないんですよ」と話す。

 もちろん義務づけ期間中でも、結婚したり、1軍で活躍したりして一定の成績を残せば、前倒しで退寮を認められる。だが、例えば今年で高卒4年目を迎える松井裕樹などは、本人の希望もあって寮生活を継続している。今や球界を代表するクローザーに成長した松井裕の実績を考えれば、“任期満了”を待たずに独り立ちが認められてもおかしくないが、迷わず寮暮らしを選択したのだという。

 こうした背景について、球団関係者は「まず、最近は栄養面、食事面への意識が高まってきたことが要因では」と分析する。近年、以前にも増して、食事によるパフォーマンス向上や、コンディション維持に対する関心、知識が深まっており、選手自身が栄養管理をより重視する傾向にある。一人暮らしとなると、慣れない自炊をするか、外食に頼るしかない。寮ならば“3度のメシ”は保証され、しかもアスリートとして必要なカロリー、栄養が計算されたメニューを口に運ぶことできる。

 また、敷地内にはウエートルームや室内練習場が完備されており、いつでも体を動かせる環境が整っている。金銭面を考えても、月々に寮費を支払っているとはいえ、家賃や光熱費などを考えれば支出も少なくて済む。「結婚していれば話は別ですが、独身選手にとって、寮を出ることはデメリットしかない、ということになります」(球団関係者)。集団生活から解放されシングルライフを手に入れることよりも、寮暮らしによるメリットが大きいと感じる選手が増えているようだ。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000040-dal-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

食事と練習環境というのは大きいよね


まとめでおん :2017 (o∀n)

相撲部屋のように個室のない共同生活なら別だろうけど個室の寮ならそっちの方が良いなとは思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

自炊するにしても投手の場合は包丁で指切るわけにもいかないしなあ


まとめでおん :2017 (o∀n)

時代が変われば人も変わる


まとめでおん :2017 (o∀n)

楽天の寮は特に新しくて綺麗なのも大きい


まとめでおん :2017 (o∀n)

門限が気にならないなら寮を出る理由は本当にないね


まとめでおん :2017 (o∀n)

寮に関しては楽天ではないが西武は部屋足りなくて半ば強制的に出されるって記事あったくらいだもんなあ
あとかつて井川が寮に残りたがってたりもしたし

関連記事

0 Comments

Add your comment