【日本ハム】戦力外の米野智人、第2の人生で「食の伝道師」目指す

 夏真っ盛りの8月だった。日本ハムの2軍本拠地、千葉・鎌ケ谷で米野は球団幹部に告げた。「辞めようかなと思います」。昨オフ、西武を戦力外となり、選手兼任2軍バッテリーコーチ補佐として移籍。球団は来季も契約するつもりだった。慰留もされたが、最後は本人の意思が尊重された。来年1月21日に35歳となる。「今だったら全然、チャレンジして良い。失敗しても、いい経験として残る」。現役への未練、迷いは振り切った。

 第2の人生は、プロ野球界で得た知識、財産、経験を社会に還元していくことがテーマだ。「自分は野球の世界で17年間やってきた。体が資本という世界。健康でなければパフォーマンスの質が落ちる。それは一般社会でも同じだと思う」。まずは、誰もが避けて通れない「食」を次のライフワークの出発点とした。

 A4サイズの大学ノートを常に持ち歩き、食についての見聞を広めている。「右も左も分からないから、いろんな人に会って話を聞かせてもらって、常にメモをしている」。食の大切さを訴える最初のツールとして、飲食店開業や講演実施などを起点と考えている。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-01756733-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

慰留はされたけど自分で引退を選んでたんだ


まとめでおん :2017 (o∀n)

飲食店と講演とはあるが食の伝道師はまだ具体的には不明か


まとめでおん :2017 (o∀n)

ファイターズとしては将来のコーチ候補としての獲得でもあったんだろうけどね


まとめでおん :2017 (o∀n)

1年で戦力外は不思議だったけどこういうことだったんだ


まとめでおん :2017 (o∀n)

食の業界も厳しい世界だけど頑張ってほしい


まとめでおん :2017 (o∀n)

決断は迷っただろうけど今は新しい道への希望でいっぱいだと思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

厳しい道だとは思うが野球人生での経験と苦労を活かして成功してほしいね
あの時プロ野球に残っていればという後悔にならないように

関連記事

0 Comments

Add your comment