【巨人】ドラフト2位・畠世周、ドラフト後に右肘手術していた

 巨人のドラフト2位・畠世周(はたけ・せいしゅう)投手(22)=近大=が、昨秋のドラフト会議後に右肘の手術を受けていたことが9日、分かった。9月の関西学生リーグ戦中、遊離軟骨による痛みを発症。当初は手術回避を検討したが、万全にするため決断した。

 患部の回復は順調だが、新人合同自主トレ初日のこの日はノースロー。ランニングでは「楽しくて声が出た。若いうちは元気が一番」と大声で盛り上げた。近大出身で同大学が研究し、養殖している「近大マグロ」について聞かれ「マグロは泳ぎを止めない。僕も止まらないようにしたい」と日々の成長を誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000324-sph-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

手術ってびっくりしたけどクリーニング手術か


まとめでおん :2017 (o∀n)

気にして騙し騙しやっていくよりは早めにやっといた方が良い


まとめでおん :2017 (o∀n)

近大マグロはいつも聞かれてるなあ・・・


まとめでおん :2017 (o∀n)

夏くらいに出てきてくれれば良いのかな


まとめでおん :2017 (o∀n)

肘に遊離軟骨があり、手術が必要かもしれないという話はドラフト前から報道されていた。


まとめでおん :2017 (o∀n)

巨人に入団したからこそ、プロお墨付きの病院でクリーニング手術したのかもね


まとめでおん :2017 (o∀n)

まあキャンプは厳しいだろうけど早めにやっておけばシーズンにはそんなに影響ないだろうからね

関連記事

0 Comments

Add your comment