【日本ハム】大谷翔平、太田賢吾の暴投連発で数少ないWBC球が泥まみれ「おい」と苦笑い

日本ハム大谷翔平投手(22)の、数少ないWBC球が泥まみれになった。

 10日、同球を使用し、初めて屋外でキャッチボールを行った。相手を務めた高卒3年目の太田賢吾内野手(19)が、慣れない指触りもあって暴投を連発。前日9日まで雨が降っていたこともあり、湿気を含んだ土の上を何度もボールが転がった。大谷は「おい! 24球しかないんだぞ」と苦笑い。初めて屋外で投げた感触は「今まで通り、変わらないです」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-01763363-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

慣れてないし仕方ない


まとめでおん :2017 (o∀n)

強化試合でも内野手が送球乱れたりしてたもんね


まとめでおん :2017 (o∀n)

太田の守備力向上が必要なのはたしかだけどこのボールは慣れないと厳しい


まとめでおん :2017 (o∀n)

大田かと思ったら太田だった


まとめでおん :2017 (o∀n)

もっとボール支給したいんだろうけど数確保がなかなか出来ないのかな


まとめでおん :2017 (o∀n)

太田はボール触るの初めてなんだろうね
やっぱボールの違いって大きい


まとめでおん :2017 (o∀n)

基本的に大谷の周りはいつも年上が多いから、後輩と一緒にいるのは新鮮に感じる

関連記事

0 Comments

Add your comment