【西武】ドラフト2位・中塚駿太、ポール間走でリタイアしグラウンドで大の字に

西武の新人合同自主トレが9日、西武第2球場でスタートした。昨夏の甲子園V腕で、ドラフト1位の今井達也投手(18)=作新学院高=は、ノックやキャッチボールなどを涼しい顔でこなした。2位の中塚駿太投手(22)=白鴎大=は、腰の張りを訴えて、ポール間走を途中でリタイア。ドラフト上位入団で明暗が分かれた。

一方、ポール間走で、ほかのルーキーに大きく後れをとった1メートル91、103キロの巨漢、中塚はグラウンドで大の字に。「ポール間を走ったのは久しぶり。あしたが山場。まずは練習についていかないと」と、悲壮感を漂わせた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000568-sanspo-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

お正月で太ったみたいな記事出てたらねえ・・・


まとめでおん :2017 (o∀n)

まずはしっかりプロの練習についていけるようにならないといけない


まとめでおん :2017 (o∀n)

腰の張り・・・


まとめでおん :2017 (o∀n)

中塚の方が大卒で今井より先輩だし頑張らんと


まとめでおん :2017 (o∀n)

アマでもずっとリリーフから最近先発になったっていうし課題はスタミナかな


まとめでおん :2017 (o∀n)

太ってても活躍していてる投手もいるから頑張れ
まあこういう練習は得意ではないだろうがついていけるくらいにはなれればなんとかなると思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

ということは伸び代はありそうだからそこに期待しときます

関連記事

0 Comments

Add your comment