【中日】小笠原慎之介、感触良し 2カ月ぶりキャッチボール

中日小笠原慎之介投手(19)が9日、ナゴヤ球場室内で約2カ月ぶりにキャッチボールを行った。

 昨年11月1日に左肘の遊離軟骨を取る手術を受けていた。術後2カ月のスロー再開は当初の見立て通り。約15メートルの短い距離だったが「感触がよかった。ボールを投げられる喜びを感じました。これから少しずつ球数と距離を伸ばしていきたい」と笑顔だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-01762908-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

回復早くて嬉しい


まとめでおん :2017 (o∀n)

焦らないで良いけど順調そうで良かった


まとめでおん :2017 (o∀n)

今年はネズミ除去したことで去年以上のピッチングが出来ると思う


まとめでおん :2017 (o∀n)

無理に開幕に照準を合わせる必要はないし、交流戦くらいでもね
この調子なら全然開幕間に合いそうな雰囲気だけど


まとめでおん :2017 (o∀n)

再来年頃には若松と左右のエースになって欲しい


まとめでおん :2017 (o∀n)

術後のリハビリ完璧だったんだね


まとめでおん :2017 (o∀n)

ゆっくり着実に復帰とエースへの道を歩んでほしい

関連記事

0 Comments

Add your comment