【西武】ドラフト2位・中塚駿太、最速157ロ新人右腕はメタボ注意の体重104キロ

西武のドラフト2位・中塚駿太投手(22)=白鴎大=が7日、埼玉・所沢市内の若獅子寮に入寮した。191センチ、104キロの巨漢右腕は「メタボ注意」と書かれたマグカップを持参。毎日使うことで注意喚起し、105キロを上回らないことを自身に課した。

 中塚はばつが悪そうに、打ち明けた。「ちょっと増えました。2キロくらい…」。昨年12月9日の入団会見時には102キロだったが、年末に帰省した際に焼き肉による激励会が連発。「ハラミ」が好物の右腕は正月太りの原因を分析した。

 とはいえ、その体重はMAX157キロの重い速球を生み出す原動力。「痩せたら魅力がないと渡辺さん(シニアディレクター)にも言われてる。105キロ以上いかなければいい」と動きのキレを鈍らせない程度にある程度の体重をキープして武器とする構えだ。

 94年生まれで日本ハム・大谷とは同級生。動画で、試合前のブルペン投球の様子をチェックするのを欠かさず「すごいとしか言いようがない」と憧れに近い思いを抱く。今季の目標を漢字1文字で表すように頼まれると「すごい選手のまねをした方がいいかなって」と、6日に大谷が書いたのと同じ「無」と記した。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000252-sph-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2017 (o∀n)

ドラ2だけど素材型かなあ


まとめでおん :2017 (o∀n)

ある程度太ってても通用するのは野球の良いところ
ただ不摂生は気をつけよう


まとめでおん :2017 (o∀n)

大卒だから大谷世代か


まとめでおん :2017 (o∀n)

まあ新人合同自主トレとかキャンプで痩せていきするだろう


まとめでおん :2017 (o∀n)

夏場に食が細くなりバテるということはなさそう


まとめでおん :2017 (o∀n)

名前と体型とプレースタイルがカープの中崎に似てるね。


まとめでおん :2017 (o∀n)

豪快な感じが良い方向に出れば楽しみ

関連記事

0 Comments

Add your comment