【ヤクルト】引退の田中雅彦、BCリーグ福井でコーチ 極貧生活も覚悟

34歳にして、武者修行の旅に出る。前ヤクルト田中雅彦捕手(34)は、来年2月から福井の地に足を踏み入れる。

 BC福井でバッテリーコーチに就任することが決まった。「正直なところ、考えていなかった。でも以前から指導者にはなりたいと思っていた。デスクワークとかよりも体を動かすことの方が向いているなと。嫁さんからも『やりたくないことをやるよりも、やりたいことをやって欲しい。私たちはついて行くだけ』と言ってもらえて」と決断した。

 NPBとは、全く違う舞台に飛び込む。練習環境だけでなく、給料面でも厳しい待遇。独立リーグの選手の場合、月給は15万円程度とも言われる。

夢がある。「いつか、NPBに指導者として戻ってきたい。そのための修行だと思っている。契約がどうなるか分からないけど、いつまで福井にいるとかは決めていない。自分が一人前の指導者になれるまで、勉強していきます」と強い決意を明かした。

 野球道具以外には、釣りざおを持って行く。魚をさばけるほどの腕前も持ち合わせる。「たまには、海釣りでもしてね。魚を釣って、食料調達しますわ」と冗談っぽく笑った。家族を安心させるため-。1人の野球人として成長するため-。北陸の地で、孤独な闘いが始まる。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-01757064-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

一人ならともかく家族いると15万は大変だよね・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

独立リーグのコーチ経験は今後にきっと活きてくるはず


まとめでおん :2016 (o∀n)

貯金はあるだろうけど今後を考えると節約はしていかないと大変だよね


まとめでおん :2016 (o∀n)

勉強しにいくという気持ちがあるし、成功すると思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

NPBの指導者として結構早く声がかかるかもね


まとめでおん :2016 (o∀n)

福井で釣りでリラックスしつつ頑張ってほしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

そういやPL学園の選手がまた一人引退か・・・

関連記事

0 Comments

Add your comment