【巨人】内海哲也「元気ですよ」術後3日、退院即始動

26日に胸腔(きょうくう)鏡による縦隔腫瘍摘出術を受けた巨人内海哲也投手(34)が29日、都内の病院を退院し、すぐさまトレーニングを再開した。予定より1日早い退院で、病院からそのままグラウンドに向かった。「少しずつ」とウオーキングから始め、ストレッチなどで体を動かした。

 内海 ご心配をおかけしましたが、僕はこの通り、元気ですよ。

 衝撃的な通告から、約2週間での復帰劇だった。14日に右胸骨の内側に腫瘍があるのが発見され、22日の診察で手術日が決まった。手術当日は「(傷が)痛くて30分おきぐらいにナースコールを押しそうだった」と苦しんだ。だが、2日後には病院内の施設を約2時間ウオーキングできた。この日は「痛みも全然ないです」と笑顔で話した。

 執刀医からの言葉に背中を押された。腫瘍はテニスボールほどの大きさだったが、術後の影響はないという。執刀医からは「来年は18勝。(野球人生が)5年は延びた」と太鼓判を押された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-01758582-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

急に手術ってなってびっくりしたが一安心


まとめでおん :2016 (o∀n)

良い笑顔


まとめでおん :2016 (o∀n)

これは安心出来る記事だね


まとめでおん :2016 (o∀n)

テニスボールほどの大きさって結構な大きさだったんだな・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

執刀医が18勝と太鼓判を押してるw


まとめでおん :2016 (o∀n)

ナースコールを押しそうだったけど押してないのは流石


まとめでおん :2016 (o∀n)

内海としては野球への影響もそうだけどクリスマスや年末年始時期に子供達としっかり遊んであげられなかったのも辛かっただろうなあ
でも元気になったことがなにより子供達が喜んでくれると思う

関連記事

0 Comments

Add your comment