【DeNA】ジュニアトーナメント、逃げ切り初V 鈴木尚典監督7度舞った

小学5、6年生の選手による「NPB12球団ジュニアトーナメント2016」は29日、宮崎市のサンマリン宮崎で決勝トーナメントが行われた。決勝は初進出同士の対戦となり、DeNAJrが3回に一挙6点を奪い、初優勝を果たした。

 現役時代より少し重くなった100キロのDeNAJr・鈴木尚典監督が7度胴上げされた。「正直優勝は厳しいと思っていましたが、宮崎に来て、18人がひとつになってくれました」。97年から2年連続で首位打者に輝いた指揮官が鍛えた打線は決勝で3回に一挙6点を先制し、そのまま逃げ切った。準決勝で対戦したロッテJrには練習試合で負けてばかりだった。その相手を破った勢いで、初の頂点に上り詰めた。過去5度準決勝の壁にはね返されたが、6度目の挑戦の末に最高の結果が待っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000017-spnannex-base




DB.スターマン オフィシャルフォトブック『よこはまの星になる!』
横浜DeNAベイスターズ公式マスコット DB.スターマン
サイゾー (2015-05-22)
売り上げランキング: 71,574

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

来年への良い弾みになる


まとめでおん :2016 (o∀n)

球団OBの指導者がジュニア世代を直接教えてるって素晴らしいこと


まとめでおん :2016 (o∀n)

体重100㎏はちょっとびっくり


まとめでおん :2016 (o∀n)

DeNAVという記事は来年はトップチームでも
そしてジュニアとの親子Vが理想だ


まとめでおん :2016 (o∀n)

子供達がよく頑張ったし、鈴木尚典も嬉しいだろうなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

この中の子たちが一人でも多くプロに入ってきてほしい 出来ればこのままベイスターズに


まとめでおん :2016 (o∀n)

ジュニアにしてもプロにしても一度壁を突破したらトントン拍子ということもある
それをジュニアチームが先に見せてくれた感じだね

関連記事

0 Comments

Add your comment