【巨人】阿部慎之助、サウナで熱筆「阿部ノート」 小林誠司に捕手極意伝授へ

阿部ノート」を伝授する。巨人・阿部が、来年1月のグアム自主トレにマンツーマンで同行させる小林誠に渡す「捕手バイブル」を作成していることを明かした。

 「サウナで“キャッチャーとは”というのをブワーッと書いている。あいつに教えた方がいい」。汗が染み込み、パリパリになったA4用紙の束。プロ16年間で培った経験をまとめるのは初めてだ。自主トレ先の東京ドーム内にあるサウナに一人こもり、考え、思い出し、ペンを走らせる。最も大事とする「目配り、気配り、思いやり」と持論を書いた。

 11月に開催された捕手会の宴席。質問に来ない小林誠の消極的な姿勢を問いただした。「なぜ、おまえは一度も俺に聞かない?」。膝をつき合わせ、最後には土下座で弟子入りを懇願された。最終的には高橋監督の判断だが、来季は右肩痛の影響で一塁に専念する意向。3年ぶりのV奪回を目指す来季に向け、今季129試合に出場した正捕手をバックアップする。

 「投手は信頼しても、信用するな」と阿部節が続く。投手は平気でサインと違うボールを投げてくるという。だから「キャンプで全員の球を受けろ」、「投手の一つ一つのしぐさをメモしておけ」、「勝った日は絶対投手と話すこと」と書いた。野手8人と向き合う捕手は、立ち居振る舞いで鼓舞できる。2アウトから見逃し三振を奪っても「パーン!ヨッシャー!とベンチに帰るのがあいつにない」と感じ「大差で負けている時ほどキビキビ動け」と書いた。喜怒哀楽の喜怒は出し、返球に強弱を付ける「阿部流」も書いた。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000034-spnannex-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

もう自分が捕手やらないと決断したからか


まとめでおん :2016 (o∀n)

打撃もアドバイスあげてほしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

今年はマイコラスがいらついたりしてたし、外国人選手とのコミュニケーションなんかも書いてありそう


まとめでおん :2016 (o∀n)

今年までは捕手復帰の可能性があったから全て教えるわけにはいかなかっただろうが来年からはそうじゃないからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

阿部はもし引退したとしたらすぐにコーチになりそう


まとめでおん :2016 (o∀n)

小林は今まで相川組だったからね
巨人の投手陣と考えたら阿部の方がよく知っていると思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

小林はこれだけ期待されてるんだから期待に応える活躍をしてほしい

関連記事

0 Comments

Add your comment