アンテナ
月別アーカイブ 球団別カテゴリー
 

最新記事一覧
PR

レッドソックスからFAとなった上原浩治投手(41)がカブスに移籍することが8日(日本時間9日未明)、分かった。契約が合意に達したことを球団関係者が明かした。今季108年ぶりにワールドシリーズを制覇したカ軍は、守護神のアロルディス・チャプマン投手(28)が7日(同8日)にFAで古巣ヤンキースへ復帰したことで救援陣の再編に動いていた。41歳右腕にとってメジャー4球団目。初のナ・リーグで、自身2度目の世界一を目指す。

 上原が、今季108年ぶりの世界一に輝いたカブス伝統のタテジマのユニホームに袖を通すことになった。ウインターミーティング最終日のこの日、11年までレッドソックスでGMを務めたカ軍のテオ・エプスタイン編成本部長は、41歳右腕について「素晴らしい投手なのは分かっている」と高評価。契約については「今は何も言えない」と言葉を濁した。ただ、球団関係者によると、契約は合意に達したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000179-spnannex-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

決まってなにより


まとめでおん :2016 (o∀n)

この時期に決まってよかったね


まとめでおん :2016 (o∀n)

ムネリン残ったら一緒にやれるかもだけどどうかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

これでチームも決まったし後はWBCどうするか


まとめでおん :2016 (o∀n)

この歳でも強豪に必要とされる上原投手すごい


まとめでおん :2016 (o∀n)

巨人時代も新人時代から凄い投手だったけどメジャーでも大投手になったなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

怪我さえなければまだ数年はメジャーの1級線の投手としてやっていけそう

関連記事

PR
PR
ブログ内検索フォーム
人気記事
ブログパーツ
最新記事画像
アクセスランキング
アクセスカウンター(UUのみ)
PR