【西武】炭谷銀仁朗が選手会長留任、老朽化施設の環境改善願う

西武の選手会納会が29日行われ、来季の選手会役員が発表された。

 会長は炭谷銀仁朗捕手(29)が留任。浅村栄斗内野手(26)、菊池雄星投手(25)が副会長、秋山翔吾外野手(28)が書記、増田達至投手(28)が会計、武隈祥太投手(27)が会長補佐を務める。

 室内練習場を始め、西武第2球場、若獅子寮など老朽化が進んでおり、炭谷は環境改善に向け、「できる限り(球団に)お願いをしていきたい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-01745099-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

炭谷会長頑張れ


まとめでおん :2016 (o∀n)

炭谷が会長の時に優勝してビールかけの挨拶聞きたいね


まとめでおん :2016 (o∀n)

1軍と2軍が近いのがメリットだし、そういう意味で2軍施設にお金使ってほしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

岸の補償が金銭だったらその分で・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

こういう選手の意見が何年も保留されているのは本当に問題。西武の主力選手達の流出が続くのには、こういう部分の球団の姿勢というのも少なからずある筈。


まとめでおん :2016 (o∀n)

西武は育成第一(そうならざるを得ない)の球団なんだから施設面はしっかりしないとダメだ。


まとめでおん :2016 (o∀n)

炭谷選手会長は今年の開幕3連戦を満員にするためにフロントに直談判して有言実行したのが印象的
会計増田はちょっと不安だけど

関連記事

0 Comments

Add your comment