【西武】秋山翔吾、2年連続のゴールデン・グラブ賞で初のトップ当選「すごくうれしいです」

守備の名手に贈られる「第45回三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式が29日、都内のホテルで行われ、2年連続3度目の受賞となった西武・秋山翔吾外野手(28)は、来年3月に行われる第4回WBCで中堅の定位置を確保することを誓った。

 秋山は今季、全143試合にフルイニング出場し、リーグトップの10補殺をマーク。失策はゼロで守備率は10割を記録。3度目の受賞で自身初の外野手部門“トップ当選”を果たし、「打球にしっかりと追いついて捕ることの積み重ねで、投手も思い切って投げられたりする。そういうところを評価してもらえたのなら、すごくうれしいです」と胸を張った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000116-sph-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

外野手トップは嬉しいだろうね


まとめでおん :2016 (o∀n)

守備率10割は素晴らしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

納得のトップ当選


まとめでおん :2016 (o∀n)

攻守で安定感がある


まとめでおん :2016 (o∀n)

去年が凄すぎたけど今年も高いレベルで結果出してくれた


まとめでおん :2016 (o∀n)

WBCも間違いなく選ばれるだろうし、世間に秋山の存在アピールしてこよう


まとめでおん :2016 (o∀n)

来年はベストナインにも返り咲いて欲しいね

関連記事

0 Comments

Add your comment