青木宣親、アストロズ入り2週間で再FAか 現状は外野の4番手候補

 アストロズ入りした青木宣親外野手(34)が、再びFAになる可能性が高まった、とア軍の地元紙ヒューストン・クロニクル電子版が伝えた。

 今季、マリナーズで480打席に達すれば年俸600万ドル(約6億6000万円)で契約が自動更新だったが、13打席不足でウェーバーにかけられ、3日に獲得が発表されていた。

 しかし、ア軍はドジャースからFAとなっていたJ・レディック外野手と総額5200万ドル(約57億5000万円)の4年契約に合意し、左翼か右翼を守らせる予定。青木は現状外野の4番手候補の上、年俸調停資格を持ち、行使なら少なくとも680万ドル(約7億5000万円)に昇給する。年俸調停を避けるために、ア軍が青木を一度FAにすることが濃厚だという。

 また、ア軍は2年前にDeNAに在籍したキューバ出身のY・グリエルを内野から左翼に回すプランも持っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000053-sph-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

青木も大変だね・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

メジャーの契約は複雑


まとめでおん :2016 (o∀n)

アストロズだとしたらアピールしていかないといけないし、WBCはきついかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

年齢的にも評価が厳しくなってきてるしなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

どこか獲得する球団があればアストロズ青木ではなくなる可能性も十分ありそう


まとめでおん :2016 (o∀n)

グリエルが外野なったらますます青木の出番が減るだろうし・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

まだまだ青木の代理人の仕事はしばらく続きそうだ

関連記事

0 Comments

Add your comment