【ロッテ】70歳寮長兼打撃投手の池田重喜さんが退団「この年までやれて感謝の言葉しかない」

 ロッテ池田重喜寮長兼打撃投手(70)が退団することが19日、分かった。今年5月に70歳を迎え、古希の球界最年長打撃投手と注目されたが、数日前に球団から契約終了を伝えられた。「この年までやれて、球団には感謝の言葉しかない。体は動くが、来年もやったら大ケガすることだってある。天命でしょう」と静かに話した。

 ロッテの草創期を知る。70年オフに大洋から移籍。球団事務所で、大毎時代からの名物オーナーだった永田オーナーにあいさつし「君、頼むよ」と言われたが、その翌日にオーナー交代が明らかに。「あれには驚いた」と懐かしむ。引退後は、トレーニングコーチなどを歴任。98年に球団を離れたが、人柄を買われ、翌99年秋に寮長に。時にコーチを兼任し、12年からは打撃投手も務めてきた。実に40年以上をロッテにささげたプロ野球人生だった。

 古希になって、なお制球力は健在。1日2万歩近く歩き、体幹トレーニングを欠かさなかったたまものだ。正月明けから11月いっぱいまで寮に住み込み、寮生と同じ暮らしを続けた。「寮長は嫌われていい。あいさつ。言葉遣い。朝食を食べろ。貯金はしろ。『また同じこと言ってるよ』と思われるぐらい言った」と孫のような若手に寄り添った。寮生からは親しみを込めて「池さん」と呼ばれた。

 今後については「(学生野球の)資格を回復したい。良い素材がいればシュートを教えたいね」と、自らの武器を伝授する日を描いた。穏やかな顔だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-01740510-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

フレッシュオールスターの時も話題になってたね


まとめでおん :2016 (o∀n)

本当に長い間お疲れ様でした


まとめでおん :2016 (o∀n)

70歳だけど若々しい


まとめでおん :2016 (o∀n)

まだまだ野球には関わっていく感じのコメントだし楽しみだね


まとめでおん :2016 (o∀n)

この年齢で寮長だけでも凄いが打撃投手というのは本当に驚き


まとめでおん :2016 (o∀n)

ロッテをずっと見てきた生き証人だ


まとめでおん :2016 (o∀n)

まさに裏方の鉄人

関連記事

0 Comments

Add your comment