【DeNA】戸柱恭孝、嶺井博希両捕手が7キロ減量 捕逸や暴投対策

2人にとって秋季キャンプは“ラミちゃんブートキャンプ”だった。DeNAの奄美秋季キャンプは最終日を迎え、戸柱恭孝(26)、嶺井博希(25)の両捕手がダイエット指令を完遂。ともに18日間で7キロ減の成果を見せた。

 95キロから88キロまで落とした戸柱は「腹が減ったらまず野菜という感じでした。肉はほとんど食べなかったです」とムダ肉の落ちた腹を誇示。92キロから85キロに落とした嶺井は「ベストより軽い。動きはいいですね」と柔和な笑みを見せた。

 シーズン中は少々重かった2人。ラミレス監督は「ピッチャーに大きく影響を与える。低めに投げて捕逸や暴投になったら、真ん中に投げてしまう。そうなると打たれるからね」と減量指令の狙いを明かす。後逸を防ぐキレのいい動きを披露する2人に目を細めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000030-dal-base




BBM2016/2nd ■レギュラーカード■582/戸柱恭孝/横浜DeNA
ベースボールマガジン
売り上げランキング: 1,384,557


下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

腹が減ったらまず野菜か


まとめでおん :2016 (o∀n)

捕逸は納得


まとめでおん :2016 (o∀n)

バッティングにも良い影響があれば良いね


まとめでおん :2016 (o∀n)

キャンプやりながらで食事制限って大変だと思うが流石プロ


まとめでおん :2016 (o∀n)

ラミレス監督も結構絞った印象


まとめでおん :2016 (o∀n)

春キャンプまで維持出来ればこれがペスト体重になりそう


まとめでおん :2016 (o∀n)

捕手といえば体格がいいイメージ強いけど今はコリジョンでクロスプレーはないからね

関連記事

0 Comments

Add your comment