【巨人】重信慎之介、井端&二岡コーチのマンツーマン指導で1軍定着へ

巨人は18日、宮崎秋季キャンプを打ち上げた。1年目の重信慎之介外野手(23)は、今オフから内野にも挑戦している。早大1年時以来となる内野守備だが、今キャンプでは井端内野守備走塁コーチに指導を受け、「二塁」で実戦デビューも果たした。打撃では、今秋から1軍に配置転換となった、二岡打撃コーチのもと、連日の振り込みを行った。

 まずは守備。現役時代、7度のゴールデングラブ賞を獲得した、井端内野守備走塁コーチとともに特守を行うなど、内野の守備を磨いた。

 「内野なので、低い姿勢での練習。股割りです。ゴロを待つとき、右足重心で待って、左足を出すイメージで。意識付けですね。低く保つための」

 グラウンドでは、「名手」井端内野守備走塁コーチが、実際にグラブをはめて“実演”する場面もあった。「日に日に成長していくのが実感できました」と重信。

そして、打撃。今季、1軍では25試合に出場し、打率・190と納得いく数字を残せなかった。日々のウエートトレーニングなどで、パワーはついたが、それを飛距離ではなく「鋭い打球に変える」ためキャンプでは連日振り込んだ。

 苦悶(くもん)の表情を見せていた。いつもは、クールな重信が珍しく声をあげてバットを振り込んでいた。素振りをしてからのティー打撃。素振りの数が、1回から2回、3、4…と続き、最終的には23回。これは、二岡打撃コーチの、日本ハム時代の背番号が「23」だったからだそう。

 「若手なので、若いうちにどんどん振っていかないと。(キャンプ)初日に二岡さんにいじめられて、逃げるわけにはいかないなと思って。ファームでもマンツーマンで教えてもらった。いじめられながらも、しっかり教えてもらってうれしいです」。今後は台湾のウインターリーグに参加する。打撃は「まだまだ満足していない」と重信。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00000536-sanspo-base



下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

井端+二岡って単純に足した選手なら凄いことになる


まとめでおん :2016 (o∀n)

セカンド転向してもドラフト1位の吉川が入ってきたのがタイミングが悪い気もする
山本もいるし


まとめでおん :2016 (o∀n)

セカンドはサブポジって感じなのかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

守れるのはもちろん打てないとレギュラーは獲れないからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

プロの壁も経験しただろうし、来年はどうなるか楽しみ


まとめでおん :2016 (o∀n)

あの足を生かすのは外野の方が良い気がする


まとめでおん :2016 (o∀n)

鈴木も若い頃はセカンドと外野を掛け持ちだったし、経験しといて悪くはない

関連記事

0 Comments

Add your comment