【日本ハム】引退の武田勝、野村ノートの教えをファイターズ若手に講義

 日本ハム・栗山英樹監督(55)、今季限りで引退した武田勝投手(38)が11日、千葉・鎌ケ谷2軍施設で秋季練習に参加中の若手選手に対し「講義」を行った。

 栗山監督は講義の意図について「人として、どうあるべきか、みんなが成長する上で必要と感じてたやった」と説明。日本一を勝ち取るも、若手の成長へ座学の必要性を訴えた。

 武田勝は社会人シダックス時代の野村克也監督の講義で教わった話を、若手に説いた。自身が当時、メモした“野村ノート”を元にして選手にさまざまな話を伝えたが、興味深そうに聞き入っていた選手が多く、「野村監督の教えを今度は伝える側として、かみ砕いて、分かりやすく説明した。メモを取りながら聞いてくれてよかった」と初講義に手応えを感じていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000094-dal-base




野村ノート (小学館文庫)
野村 克也
小学館
売り上げランキング: 3,117

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

これはノムさんも嬉しいだろう


まとめでおん :2016 (o∀n)

こうして教えは受け継がれていく


まとめでおん :2016 (o∀n)

ノムラノートはみんなやっぱり大事に持ってるんだね


まとめでおん :2016 (o∀n)

シダックス野村監督って今考えても良い人選だった


まとめでおん :2016 (o∀n)

勝さんは早速ファイターズ関連の仕事をしててなにより


まとめでおん :2016 (o∀n)

もし稲葉監督になった場合は同じノムさんの教え子の勝さんも重要な役職になりそう


まとめでおん :2016 (o∀n)

ノムさんの話を武田勝の話術で話すというのは興味深い

関連記事

0 Comments

Add your comment