【巨人】高橋監督「4番坂本ある」V奪回へキーマン固定構想

 巨人高橋由伸監督(41)が来季構想で4番候補に坂本勇人内野手(27)を挙げた。宮崎秋季キャンプの8日、打線のど真ん中に今季首位打者に輝いた坂本を据える可能性を示した。昨季は4番を経験したが、シーズンを通した起用はまだない。この日は自身初のゴールデングラブ賞にも輝き、進化を遂げた若き主将を名実ともに名門の中心に置ければ、3年ぶりのリーグ優勝を目指す来季の戦いで大きな決断となる。

 高橋監督が坂本が名門の金看板を担えるまでに成長したことを認めた証しだった。指揮官は若手の鍛錬の場、宮崎で来季構想を練っていた。補強の最中で「どういう陣容になるかによる」と前置きした上で「(坂本)勇人が4番の可能性は十分にある」と候補の1人であることを明言した。

 昨年4月11日のヤクルト戦で第82代4番に座った。「高校以来。ビックリした。4番目に打つつもりで」。当時は捕手に緊急復帰した阿部の負担軽減や、主力の不振などが重なり、代役の色が強く、坂本も強く意識しなかった。48試合座ったが、打率2割7分2厘、5本塁打、28打点と数字を残せなかった。今季から就任した高橋監督も昨季を受けて「外国人か阿部か長野と考えていた。坂本は考えていなかった」と選択肢になかった。

 だが今季は首位打者に輝き、23本塁打、75打点と3部門で高い成績を残した。10年目の脱皮を見届け「今年はチームで一番打った。本塁打は(10年の31本に)足りなかったけど、キャリアハイといえる。来年は4番の候補になる」と有資格者に繰り上がった。4番坂本が実現するためには、さらなる成長と周囲の状況も絡み合う。「本来は4番タイプではない。もう少し本塁打がほしい」と10年級の長打力を求めている。また坂本の定位置だった1、3番を任せられる選手が固定できることも重要だ。周りを固められれば、満を持してど真ん中に置くことができる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-01735550-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

まあ他にいないというのもある


まとめでおん :2016 (o∀n)

本当は3番が本人も良いんだろうけどね


まとめでおん :2016 (o∀n)

将来的には岡本に期待したいけど今はさすがにね


まとめでおん :2016 (o∀n)

阿部がファーストスタメンの時はまだ阿部で良いだろうけどいつまでも阿部頼みでもいけないしなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

1番や3番に坂本が居て4番は4番でしっかりと打てる人が居るのが理想


まとめでおん :2016 (o∀n)

勇人ファンとしてはワクワクする話だが巨人ファンとしては心配なチーム事情


まとめでおん :2016 (o∀n)

4番として打線の核になる人が出てくるまでは4番はその都度だと思う

関連記事

0 Comments

Add your comment