【西武】呉念庭のWBC台湾代表入りに辻監督「(開幕直前に)いなくなるのは複雑」

来年3月の第4回WBCを巡り、西武と台湾の間で、呉念庭内野手(23)の奪い合いが勃発しそうだ。宮崎・南郷キャンプに7日、台湾代表監督で球団OBの郭泰源氏(54)と、同代表ヘッドコーチで日本の社会人でプレー経験もある呉の父、呉復連氏(54)が代表候補の郭俊麟と呉の視察に訪れた。

 国際舞台での経験豊富な郭俊麟の招集は濃厚。問題は呉の方だ。今季、新人ながらシーズン後半は遊撃で先発を続けた。定位置獲得へ向け、来春のキャンプが重要。しかし代表招集となれば、キャンプやオープン戦に帯同できなくなるため、辻監督は「国際舞台を経験できるのはいいことだけど、レギュラーに近い位置にいた時にいなくなるのは複雑」と話した。

背番号39は「同じフィールドにお父さんと立つのが夢。でも西武でレギュラーを取るのも大事」と苦笑い。泰源氏は呉について「招集についてはお父さんに任せる」と親子の愛情を頼りにしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000262-sph-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

WBCはしょうがないよ


まとめでおん :2016 (o∀n)

それは思うけど言わない約束でw


まとめでおん :2016 (o∀n)

レギュラーの選手ならともかくレギュラーに近い選手だから複雑なのはある


まとめでおん :2016 (o∀n)

呉の父がヘッドコーチなんだ
それは特に代表に出るべきだよ


まとめでおん :2016 (o∀n)

でも経験は何よりの武器になる


まとめでおん :2016 (o∀n)

時期的に日本人選手やメジャーの選手も参加しやすい時期ではないからね
ただメジャー選手が参加するならこの時期しかないというのもあるし難しいところだ


まとめでおん :2016 (o∀n)

無理に来年の開幕スタメンに固執しなくても成長して帰ってくればその後奪うチャンスはいくらでもあると思う

関連記事

0 Comments

Add your comment