【ロッテ】柿沼友哉、U-23W杯優勝に貢献「この経験を将来に生かしたい」

 ロッテ・柿沼友哉捕手(23)が6日、メキシコ・モンテレイで行われた野球のU―23W杯に「8番・捕手」で出場し、3打数1安打1打点。初代王者に貢献した。

 柿沼は昨年の育成ドラフト2位でロッテに入団し、7月に支配下選手登録。「初代王者になれて本当にうれしいです。大会初打点も挙げることができました。スタメンで使ってもらえる機会も多く、とても勉強になりました。この経験を将来に生かしたいと思います」と、来季は1軍で活躍することを誓った。帰国後は10日から千葉・鴨川秋季キャンプに合流する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000169-sph-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

良いきっかけにしてほしいね


まとめでおん :2016 (o∀n)

2番手捕手として期待が高い


まとめでおん :2016 (o∀n)

色んな投手の球を受けたのも勉強になったと思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

世界一を手土産に秋キャンプでもしっかりアピールしていこう


まとめでおん :2016 (o∀n)

各チームのピッチャーが投げやすいと言っていたのも良いね


まとめでおん :2016 (o∀n)

田村とより高い次元での正捕手争いをしてほしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

支配下になって世界一になってと今年は忘れられない年になっただろうね

関連記事

0 Comments

Add your comment