【ロッテ】青松敬鎔、3年ぶり捕手挑戦 トライアウトへ何でもやる

ロッテから戦力外通告を受けた青松が6日、3年ぶりに捕手に挑戦する意向を示した。

 13年に捕手から内野手登録に変更となり、主に一塁を守ってきたが、現役続行の可能性を広げるために再挑戦を決めた。「いろんな人から捕手をやった方がいいという話は聞いた。捕手もできた方がいい」と話した。

 この日はワンバウンドを止める練習や二塁への送球練習を行い「股関節がだいぶ硬くなっている。捕手が一番きついのは分かっている」と苦笑い。今季1軍出場がなかった長距離砲は12日のトライアウトに向けて「トライアウトには三塁用(グラブ)も一塁もキャッチャーミットも全部持って行く。出せるもんは全部出す」と意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000143-spnannex-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

第3捕手としてはありなのかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

たしかに一塁手としてよりは捕手としての方が需要はありそう


まとめでおん :2016 (o∀n)

去年のイースタン二冠王だし良いものは持ってるはず


まとめでおん :2016 (o∀n)

もしかしたらセリーグ行けば化けるかも


まとめでおん :2016 (o∀n)

捕手はともかく、サードはきついと思う・・・
捕手を重点的にやってはいるみたいだからアピールするところはそこだろうし問題ないだろうけど


まとめでおん :2016 (o∀n)

正直第三捕手としてならロッテでも使い道はあった気もする
まあ捕手出身の伊東監督だから捕手を見る目が厳しいのもあるだろうが


まとめでおん :2016 (o∀n)

なんとかどこかの球団の目にとまれば良いね・・・
そして青松にはTBSが密着してるのだろうか

関連記事

0 Comments

Add your comment