【オリックス】ドラフト3時間議論も結論出ず、福良監督「来年4月から投げられる投手じゃないと」

オリックスは19日、3時間の会議で即戦力投手4人に絞ったものの結論が出ず、当日に最終会議を行うこととなった。瀬戸山球団本部長は「いろいろな議論をした。ことしは人材が豊富。複数名の名前が出た」と話した。

 創価大の田中、桜美林大の佐々木千、明大の柳、東京ガスの山岡が挙がったもよう。福良監督は「来年が勝負。来年4月から投げられる投手じゃないと」と1年目の開幕から活躍できる投手の獲得を希望しており、1位指名は山岡が有力とみられる。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20161019/buf16101919330002-n1.html





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

最下位だったわけだし即戦力じゃないとね


まとめでおん :2016 (o∀n)

育てていくタイプの選手は下位で獲得して、上位はやっぱり即戦力でないと厳しいわなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

ここにきて田中正義と広島、ロッテ、巨人が公表したから逆に悩んでる気もする


まとめでおん :2016 (o∀n)

記事内では山岡と予想されてるか


まとめでおん :2016 (o∀n)

単独山岡になりそう


まとめでおん :2016 (o∀n)

ドラフトはクジ運が悪く連敗中だからクジは回避してもと思ってしまう


まとめでおん :2016 (o∀n)

なにがなんでも即戦力投手いかないといけないチーム状況というのも悲しいがそれが事実だからこそなんとかしないとね

関連記事

0 Comments

Add your comment