【ソフトバンク】4年ぶり即戦力投手狙いか、ドラ1候補に創価大田中・桜美林大佐々木ら

ソフトバンクは創価大・田中、桜美林大・佐々木千ら、4年ぶりに即戦力投手を1位指名する可能性が出てきた。

 履正社・寺島、作新学院・今井も1位指名リストには残っているものの、球団幹部は「(昨年まで)高校生も獲ってきた。(即戦力指名の確率は)フィフティー・フィフティー」と大学生の即戦力指名に切り替える可能性を示唆。19日の編成会議は王貞治球団会長、工藤監督らも出席。候補を絞り込む。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000054-spnannex-base




月刊ホークス 2016年 11 月号 [雑誌]

ジャパンプリント (2016-10-20)

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

最近高卒が多かったからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

そろそろ世代交代の時期になってきてるし悪くない


まとめでおん :2016 (o∀n)

田中正義と言っている球団以外は今年はわからない


まとめでおん :2016 (o∀n)

先発の枚数は揃っているし即戦力なら左腕か中継ぎかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

今年は指名するまでわからないね


まとめでおん :2016 (o∀n)

これだけ見えないドラフトも珍しい


まとめでおん :2016 (o∀n)

ファンは今が一番わくわくだけど当事者の選手と球団は今は気が気ではない緊張の時間なんだろうね

関連記事

0 Comments

Add your comment