インディアンス・バウアー、ドローン修理で手を切るも先発 しかし出血止まらず1回途中降板

インディアンス先発のバウアーが1回21球を投げたところで、右手小指からの出血が止まらなくなり無念の降板となった。

 先頭のバティスタを見逃し三振に仕留め、2番ドナルドソンは四球で歩かせたが3番エンカーナシオンを中飛に打ち取り2死まできた。しかし、右手小指からの出血が止まらず抑えが効かなくなり、4番トロウィツキーを歩かせ2死一、二塁となったところでマウンドを降りた。このピンチは緊急登板したオテロが5番マーティンを二ゴロに打ち取って無失点に切り抜けた。

 第2戦の先発予定だったバウアーは、趣味の小型無人機ドローンを修理中に小指を切るけがをし、第3戦に登板が変更になっていた。前日会見では「大バカだと思う」と反省。肝心の投球については「小指は使わないので影響はない。楽しみにしている」と闘志を燃やしていたが、唇をかみしめながら2/3回でマウンドを後にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-01725864-nksports-base




下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

投手の手は仕事道具だからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

日本でなら当然批判されるけどこれは向こうでも批判されるか


まとめでおん :2016 (o∀n)

小指使わないと言っても衝撃は残るからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

ドローン修理の時にせめて手袋とかしてたりしたんだろうか
その時の状況知らないけど


まとめでおん :2016 (o∀n)

選手によっては包丁を持たない、料理をしないようにしている人もいるぐらいだからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

まあ試合勝ったのはバウアーにとっては救いかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

ドローンにぶつかってとかなら被害者だけどこれは自分のミスだからなあ
まあこれを反面教師にしてバウアー本人も他の投手も手のケアしっかりしてもらおう

関連記事

0 Comments

Add your comment