【日本ハム】栗山監督が明かす舞台裏、大谷がリリーフ登板を猛アピール

 日本ハム・栗山英樹監督(55)がパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦(16日、札幌ドーム)で、大谷翔平投手(22)をクローザー起用した舞台裏を明かした。

「(5回に)逆転した時点で『行くぞ!』という確認はした」という指揮官。本来はこの試合を落とし3勝3敗のタイに持ち込まれた場合、第2戦の先発・増井とともに17日の第6戦にリリーフ投入する予定だったという。しかし、普段は控えめな大谷がベンチ内で猛アピールをしてきたそうだ。

「あいつが珍しくこっちをずーっと見ていた。“ボク、行きますよ!”という目でオレを見ていた。初めてなんじゃない。それだけ勝ちたかったんだろうね。本人の『やりたい』という気持ちを止めてしまうことが一番のリスクだと思った。このゲームは行くべきだと思った」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000022-tospoweb-base






伝える。
伝える。
posted with amazlet at 16.10.16
栗山 英樹
ベストセラーズ
売り上げランキング: 47,189

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

東スポの記者が狙って記事を書いた気がしないでもない


まとめでおん :2016 (o∀n)

最後大谷起用は本当に大正解だった


まとめでおん :2016 (o∀n)

大谷はずっと出ていたいタイプらしいからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

監督インタビューとは別に囲み取材とかでの話か


まとめでおん :2016 (o∀n)

唯一心配なのは日本シリーズ初戦だと中5日になることくらいかな
でも今日は1イニングだったから大丈夫か


まとめでおん :2016 (o∀n)

侍ジャパンでストッパーに任命されそうな気がしてきた・・・
まあ強化試合は打者のみだけど


まとめでおん :2016 (o∀n)

DH解除のリリーフ登板は打線の兼ね合いで登板前に大谷に打席まわるようだと厳しいし、
なによりいくら大谷とはいえ故障のリスク高いから本当にもう二度とないかもね

関連記事

0 Comments

Add your comment