ドジャース・前田健太、3回4失点 ポストシーズン初戦はほろ苦い結果

1勝1敗で迎えたナ・リーグ地区シリーズの第3戦。本拠地で先発したドジャースの前田健太であったが、3回に一気の4失点で試合を作れず。チームは敗れ、崖っぷちに追い詰められた。

 立ち上がり、安打と2つの四球で大ピンチを招くも、ジマーマンを空振り三振に斬って取り、なんとか無失点でスタートを切った前田。2回には三振を2つ奪って三者凡退と乗ってきたかに思われたが、3回に入ると上位打線に捕まる。

 1-0で迎えた3回。先頭のターナーに安打を許すと、つづくワースにはタイムリーツーベースを許して同点。マーフィーは外野フライに打ち取るも、主砲・ハーパーにタイムリーを浴びて逆転を許す。

 なおも一死三塁、踏ん張りどころを迎えた前田だったが、レンドンには痛恨の2ランを被弾。後続はなんとか斬ったものの、まさかの4失点で逆転を許した。

 直後の3回裏、打席が回るところで代打を送られ、前田のポストシーズン初戦は終了。3回を5安打、与四死が3、奪三振4つで4失点とほろ苦い結果に終わった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161011-00091988-baseballk-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

ポストシーズンの日本選手の相性の悪さって本当だなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

マエケンもだめか・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

シーズンとポストゲームの重圧の違いかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

厳しいけどチームはまだ敗退決まったわけではないし、次の登板機会あれば頑張ってほしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

メジャーでは失投はほぼ確実にスタンドまで運ばれる
それをつくづく痛感させられた試合だった


まとめでおん :2016 (o∀n)

悲壮感を感じる写真・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

メジャールーキーイヤーでポストシーズンまで経験できたのはプラス材料と思おう・・・

関連記事

0 Comments

Add your comment