【阪神】高山俊、三塁守備でスローイング矯正「課題は打撃も守備も本当にたくさんあるので」

阪神の秋季練習が10日、兵庫・西宮市内の甲子園球場で行われ、高山俊外野手(23)がスローイング矯正を行った。

 三塁の定位置に入って、堅守で鳴らす大和や今成とともにゴロを捕って一塁に送球する動きを繰り返した。シュート回転していた球筋は、次第に安定した一直線の軌道を描く。高山も「課題は打撃も守備も、本当にたくさんあるので」と気を引き締めた。来季は外野レギュラーの最右翼。あくまで送球を安定させるために内野守備で動きを確認した。また、投手陣は鳴尾浜球場で汗を流した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161010-00000072-nksports-base




高山俊(阪神タイガース) 2017カレンダー
TRY-X
売り上げランキング: 83,185

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

送球大事


まとめでおん :2016 (o∀n)

なんならブルペン入っても良いと思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

サブポジとしてサード守れたり、将来的にサード転向はありだと思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

もし高山がサードではまったら、凄い大きい


まとめでおん :2016 (o∀n)

ピッチャーとキャッチャー以外はどこ守れてもいいからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

高山はもう打撃は問題ないので守備関連の練習をするのはすごくいいこと


まとめでおん :2016 (o∀n)

まあ記事読む限りは本格的なコンバートではないけど秋は色々経験して良いと思う
それが将来の選択肢を広げるはず

関連記事

0 Comments

Add your comment