【巨人】マイコラス-小林バッテリー意志疎通欠く、小林は歩かせてもいいと思ったが…

巨人先発のマイコラスが、痛恨の1球を投じた。1点リードの六回、2死一塁。最も警戒していたはずの筒香に、逆転2ランを被弾した。

 この場面、カウント3-1から女房役の小林誠は「歩かせてもいいと思った」と、外角ボールゾーンにチェンジアップを要求。だが、マイコラスは「アグレッシブに攻めようと思った。相手の読みが当たったのか、いいスイングをされた」とストライクゾーンに入れ、右翼席まで運ばれた。

 1球の重みが増す短期決戦で、痛恨のコミュニケーションミス。尾花投手コーチは「誠司(小林誠)は低めにボールでもいいって構えていたけど、そこは外国人の勝負をしたいという気持ちが出たんじゃないか」と説明したが、この1球が命取りになってしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000118-dal-base




BBM2016/2nd■100枚限定金箔サイン■507/小林誠司/巨人 /100
ベースボールマガジン
売り上げランキング: 644,790

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

マイコラスと小林は良くないのかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

このバッテリーで結果出てないってわけではないんだけどね


まとめでおん :2016 (o∀n)

マイコラスは小林のキャッチングにかっかしたりと今は相性良いように思えない


まとめでおん :2016 (o∀n)

まあこの一発は反省だけど試合は作ったから


まとめでおん :2016 (o∀n)

打線組み替えたし、いっそ實松でもおもしろかったかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

外国人投手が勝負したがるのは分かりきった事


まとめでおん :2016 (o∀n)

ここは意思疎通出来てなかっただろうけどそれ以外も含めるとそこまで問題にすることもない
問題だったのは澤村だとか手薄な代打陣とか・・・

関連記事

0 Comments

Add your comment