【オリックス】糸井嘉男が途中交代で単独盗塁王ならず、西武・金子侑司と分け合う

オリックスの糸井嘉男外野手が、1日の楽天戦で途中交代した。1番DHでスタメン出場していたが、5回の第3打席から代打・大城を送られてベンチに退いた。

 初回には四球で出塁したが、安達の犠打で二塁進塁。盗塁数は53のままで、上乗せできなかった。オリックスは今季最終戦のため、西武・金子侑と争っていた盗塁王は、53盗塁で並んだままとなり、2人での同時獲得が確定的となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000144-spnannex-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

二人とも後半は怪我に悩まされた感じだなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

まあどっちのファンにとってもこれはこれで優しい結末


まとめでおん :2016 (o∀n)

53盗塁は二人とも立派だわ


まとめでおん :2016 (o∀n)

糸井はかなり満身創痍だったし、無理に走って悪化するよりもこれはこれで良かったと思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

単独でも同数でもタイトルの価値にかわりはない


まとめでおん :2016 (o∀n)

糸井は譲ったとかじゃなくて状態の問題だろうね
そうじゃなきゃ途中交代もないだろうし


まとめでおん :2016 (o∀n)

若い金子とベテランの糸井が同時に受賞はこれはこれで悪くないと思う

関連記事

0 Comments

Add your comment