【ヤクルト】バレンティンと残留交渉へ、小川SD「複数年要求あれば検討したい」

ヤクルトの小川淳司シニアディレクター(SD、59)は20日、今季が3年契約の最終年になるウラディミール・バレンティン外野手(32)について「残留を前提に交渉することになる」と明言した。今季が終了し次第、来季の契約条件を提示する方針だ。

 6年目の今季は128試合に出場し、打率・277、31本塁打、96打点で打点王を争うなどパワーは健在だ。小川SDは「ずっと日本でやってきて実績がある。要求は複数年になるだろうが、これから検討したい」と説明した。

 ある球団幹部は「バレンティンに代わる外国人はなかなかいない」と口にするなど早くから契約更新を検討。チームは前日19日に2年ぶりのBクラスが確定したが、来季に向けて、バレンティンとの契約更新を優先に編成を進める。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000015-sanspo-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

お互いにどこまで譲歩出来るかだろうなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

なんだかんだまだ32歳だからねえ


まとめでおん :2016 (o∀n)

バレンティンクラスなんてそうそういないよ


まとめでおん :2016 (o∀n)

複数年は心配だなぁ


まとめでおん :2016 (o∀n)

バレンティンがツイッターでヤクルト放出の記事を悲しんでたし、残留可能性は結構あると思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

今年はランナーかえすことに徹したバッティングしてたし、打点96とチームバッティングもしてくれてるし居ないと居るとではかなり違う


まとめでおん :2016 (o∀n)

バレンティンはヤクルトでやるのが一番やりやすいと思うし、結果も出ると思う

関連記事

0 Comments

Add your comment