【中日】岩瀬仁紀、番長引退で来季は最年長に「まだそこまで考えてないよ」

DeNA・三浦大輔投手(42)が現役引退を発表した20日、中日・岩瀬仁紀投手(41)も惜別のメッセージをささげた。21日の巨人戦(東京ドーム)を控えて神宮室内で調整した402セーブ左腕は「ここまで(大洋、横浜、DeNA)ひと筋でやってきた人。コメントすることは簡単じゃないけれど『お疲れさまでした』の言葉しかない」と寂しそうな表情で、1学年上の球界最年長選手をねぎらった。

 三浦の引退で、自身(1974年11月10日生まれ)が、同学年のロッテ・井口資仁内野手(同年12月4日生まれ)、広島・黒田(75年2月10日生まれ)を抑えて球界最年長になりそう。プロ19年目の来季も現役続行は決定的だが、「(最年長になる?)まだ、そこまで考えてないよ」と苦笑いしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000097-sph-base






下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

誕生日差で岩瀬か


まとめでおん :2016 (o∀n)

この世代はわりと遅生まれが残ってるね


まとめでおん :2016 (o∀n)

井口は現役続行だけど黒田はどうするんだろうなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

まあ最年長になったからといって何かが変わるものでもない


まとめでおん :2016 (o∀n)

来年復活して山本昌の記録を越えよう


まとめでおん :2016 (o∀n)

近復帰してきてからの岩瀬は、十分やれるだけの投球をしている


まとめでおん :2016 (o∀n)

どの世代かにもよるが岩瀬が最年長というのが時代の流れを感じる

関連記事

0 Comments

Add your comment