【DeNA】三浦大輔引退に球団内から惜しむ声続々、鈴木尚典「200勝達成してほしかった」等

プロ野球最年長のDeNA・三浦大輔投手(42)が今季限りでの現役引退を表明した20日、ベイスターズ内からは功績をたたえる声が相次いだ。

 1998年の日本一メンバーで、現在球団職員を務める鈴木尚典氏は、「野球に対して真剣に取り組んでいる姿を間近で見られたこと、一緒に優勝を経験できたことなど、17年間一緒にプレーできたことを嬉しく誇りに思う。個人的には200勝を達成してほしかったけど、172勝もすごいこと。大洋時代も含め、球団の歴史でトップクラスの大投手。彼を超える投手はなかなか出てこないのではないでしょうか」と最大限の賛辞を口にした。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000137-sph-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

先に引退した選手達からのコメント良いね


まとめでおん :2016 (o∀n)

鈴木尚典は今球団職員なんだ


まとめでおん :2016 (o∀n)

権藤監督の胴上げが思い出される


まとめでおん :2016 (o∀n)

近代野球で200勝はなかなかね・・・
横浜でなければという声もあるけど横浜だからこそ意味があった野球人生だったんだろうし


まとめでおん :2016 (o∀n)

大洋-横浜-DeNAとチーム名は変わっても横浜一筋だったのは結果的に満足だったんだろうね


まとめでおん :2016 (o∀n)

優勝は次は三浦コーチか三浦監督で達成してほしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

横浜一筋で172勝上げたことが200勝以上に価値がある

関連記事

0 Comments

Add your comment