【ソフトバンク】工藤監督は沈思黙考、決戦前に7時間ベンチ裏こもる

ソフトバンク工藤公康監督(53)が日本ハムとの決戦を前に、チーム一丸で臨む決意を表した。

 20日は午前10時半にヤフオクドームに入り、グラウンドには姿を見せず、約7時間、ベンチ裏にこもった。

 19日のオリックス戦は4時間58分の死闘の末に、引き分け。ゲーム差はないが、首位の座を守っている。3連覇を左右する2連戦。「直接対決なので、注目もある。選手の思いが変わって当然だと思う。投手は投手、野手は野手、全員でしっかりと戦えるようにするのが、大事だ」と力をこめた。自らが指導してきた千賀、武田の若き右腕に先発を託す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000128-nksports-base




月刊ホークス 2016年 10 月号 [雑誌]

ジャパンプリント (2016-09-20)

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

ここ1番で今までの優勝経験が活きるはず


まとめでおん :2016 (o∀n)

地元で試合を出来るのは大きい


まとめでおん :2016 (o∀n)

並んではいるが勝率では上だし、初戦とれれば大きい


まとめでおん :2016 (o∀n)

この2試合が全てではないけど間違いなく大一番


まとめでおん :2016 (o∀n)

ここで2連敗したらそのままいきそうだし、2連勝したい
1勝1敗ならまだまだわからないけど


まとめでおん :2016 (o∀n)

楽しいシーズンだと思う
こういう苦戦した中で優勝したならさらに力になっていくはず


まとめでおん :2016 (o∀n)

まずは千賀に託す

関連記事

0 Comments

Add your comment