【中日】小笠原2軍監督、V逸も2位に満足感 最下位・最下位・最下位・4位から2位へ

 中日が、ウエスタン・リーグ優勝へマジックを2としていた首位のソフトバンクに競り負け、今季の2位が確定した。新指揮官として若竜を率いた小笠原道大2軍監督(42)は2011年以来のVこそ逃したが、翌12年から最下位、最下位、最下位、4位と低迷していたチームを底上げできたことに、一定の満足感を漂わせた。

 ―シーズン序盤は首位を独走したが、結果的に優勝を逃した。

 「悔しいのひと言です。頑張ったけど、そこまでだった。一歩及ばなかった」

 ―難しかったことは?

 「全部です。試合も指導することも難しい。なぜなら(就任)1年目だから。すべてにおいて難しかった」

 ―選手に成長は見えたか?

 「簡単に言えば、順位じゃないですか。それだけじゃ判断できないですが、結果だけ見れば、明らかに変わってきた。そういう中(低迷状態)からスタートして、こういう結果になった。事実がそこにある」

 ―1年生指揮官として感じた喜びは?

 「ひとつ例を挙げるなら、頑張っている選手が1軍で結果を出してくれたこと。それに対してうれしさがある。選手と一緒になってドロドロになってやっていくことも、この場でしかできない(喜びがあった)」

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000191-sph-base






下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

最下位、最下位、最下位、4位から2位にしたのか


まとめでおん :2016 (o∀n)

ガッツ凄いな


まとめでおん :2016 (o∀n)

1位はソフトバンクだし、ある意味では優勝できるくらいの力はあったんだね


まとめでおん :2016 (o∀n)

これは1軍の監督候補にもなるか
まだ2軍で若手育ててはほしいけど


まとめでおん :2016 (o∀n)

巨人からのFAでガッツを獲得したのは間違いではなかった


まとめでおん :2016 (o∀n)

日本ハムでも巨人でもなく中日で指導者となりその上でしっかり結果を出してるのは当時は想像出来なかった
もちろん良い意味で想像以上


まとめでおん :2016 (o∀n)

今の中日にとっての一番の逸材
だからこそ、もう少し経験を積ませてあげてほしい

関連記事

0 Comments

Add your comment