【巨人】内田順三打撃コーチが明かした「巨人と広島の差」大田や中井ら今年もレギュラー取り失敗

巨人の2年連続V逸の要因は何なのか? 広島と対照的だったのは中堅野手の低迷だ。菊池や丸らが輝きを放ったのに対し、ほぼ同世代の大田や中井らが今年もレギュラー取りに失敗。その「差」について両軍で指導経験を持つ巨人・内田順三打撃コーチ(69)に聞いた。

 内田コーチ(大田)泰示にしてもチャンスは与えられたはず。結局のところ、いかにたくさんバットを振ってきたか。カープの場合は秋からキャンプでもとにかくバットを振らせる。選手が力を抜けば、容赦なく叱る。巨人の選手が振っていないとは言わないが、結果的に成果が上がっていないということは、バットを振っていないのと一緒。過程も大事だが、結果が出ないと。だから一軍と二軍を行ったり来たりして、控えの選手になってしまう。

 ――一軍に定着できるのか

 内田コーチ ここからレギュラーを取ろうと思ったら簡単ではないよ。(大田は今季57試合出場のうち)10試合、20試合で活躍したなんていうのは、やったうちに入らない。年間を通してできたか、できないかだから。

 ――手厳しい

 内田コーチ 変化球に弱いだの、技術的な欠陥もいろいろとあると思うよ。それにファームにいる時から意識を変えないといけない。俺らの時もそうだったが、カープの伝統として根底に積極打法がある。打者がファーストストライクから打ちにいけば、相手の投手は難しいボールを投げようとする。ストライクの確率も悪くなる。初球から打ってくる恐怖心を相手に与えることは大事。喧嘩でも相手が強いと分かっていれば、先に手を出さないとやられちゃうでしょ?

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000032-tospoweb-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

ほぼ大田の話だった


まとめでおん :2016 (o∀n)

大田は1軍上がってきたし、残り期間でなんとか・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

やっぱり練習は嘘をつかない


まとめでおん :2016 (o∀n)

内田さんは巨人も広島も両方見てきたからこそのコメントだと思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

大田は永遠の未完の大器になってきてるからねえ


まとめでおん :2016 (o∀n)

技術的な欠陥も色々あるのか・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

内田さんが言うならその通りだろう
というか今年は去年より打てるようになったのは間違いなく内田さんのおかげだし

関連記事

2 Comments

名無し  

G2プロジェクトとか言ってちやほや甘やかしてるから巨人のファームは育たないんだよ
気のない奴はいきなりシーズン途中でクビにするくらいしないと自分の立場がわからないんだよ

2016/09/13 (Tue) 00:53 | EDIT | REPLY |   

名無し  

田代コーチの指導も大きいかと。

2016/09/13 (Tue) 01:16 | EDIT | REPLY |   

Add your comment