元DeNA・グリエルはアストロズの救世主となるか、2年連続プレーオフ進出へ

 かつて日本のDeNAでも活躍した“キューバの至宝”ことユリエスキ・グリエル。彼がかねてからの夢だったメジャーでのプレーを叶えてから、約3週間が経った。

 成績はというと、15試合で打率.333。現地時間9月7日の試合で待望のメジャー初本塁打を放つと、8日の試合でも一発を放って2戦連発。打点も7つと申し分ないスタートを切ったと見ていいだろう。

 昨年の若くしてチームの顔となりつつあったカルロス・コレアの離脱に伴い、8日の試合では4番に抜擢。危機を救う救世主としての期待が日々高まっている。

アストロズは現地7日時点でア・リーグ西地区の2位。首位・レンジャーズとは9ゲームの差があるため、逆転での地区優勝というのは現実的ではないが、ワイルドカードでのプレーオフ進出の可能性はまだ残っている。

 ワイルドカードの2枠は現在のところブルージェイズとオリオールズが持っており、アストロズは2.5差でそれを追う。昨年はワイルドカードで実に10年ぶりとなるプレーオフ進出を果たし、地区シリーズまで進出しただけに、今年はより高みへの期待が高まる。

 逆転でのプレーオフへ、そのために獲得したのがグリエルであり、ここまでは期待に合った上々の滑り出しを見せたと言えるだろう。

 “キューバの至宝”はチームを目的達成へと導くことができるか。日本人選手たちの活躍とともに、日本と縁のある助っ人の奮闘からも目が離せない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00087949-baseballk-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

結構打ってるんだね


まとめでおん :2016 (o∀n)

ブランクあるからどうかと思ったが通用してる


まとめでおん :2016 (o∀n)

ついに4番まで打ったのか


まとめでおん :2016 (o∀n)

DeNAの時も成績は十分立派なものだったからなあ・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

亡命までして掴んだチャンスを活かしててなにより


まとめでおん :2016 (o∀n)

グリエルの場合は日本の環境に合わなかった部分もあるししょうがないよね
日本人だって海外合わない人はいるわけだし


まとめでおん :2016 (o∀n)

今年のベイスターズのサードにグリエルがいれば救世主ではあったが・・・
それは置いといて経緯はどうあれ日本球界経験者が活躍するはの悪いことではない

関連記事

0 Comments

Add your comment